Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 【絶滅危惧種】全滅寸前の美しいアンテロープ“ヒロラ”は守れるか?

【絶滅危惧種】全滅寸前の美しいアンテロープ“ヒロラ”は守れるか?

46viewmayu2018/05/29

【絶滅危惧種】全滅寸前の美しいアンテロープ“ヒロラ”は守れるか?

目に白いゴーグルをしているかのような模様が特徴の『ヒロラ』は、ウシ科に属する大型の草食獣です。湾曲した立派な角を持ち、気高い雰囲気をかもし出す美しいアンテロープ。そのヒロラが今、絶滅の危機に瀕しています。ケニアとソマリアに生息していましたが、ソマリアに住んでいた群れはケニアへと移動したか、または絶滅してしまったと考えられています。1993年に確認された生息数は約2000頭でしたが、2年後の1995年には302頭にまで急速に激減しました。1980年以降の約30年間で考えると、個体は90%近くも減少しています。ヒロラは、国際自然保護連合のレッドリストに「絶滅危惧IA類」つまり、“絶滅寸前”の指定を受けましたが、2011年2月の最新の調査では、ケニア北東部とソマリア南西部の各地で計245頭が確認されたといい、依然厳しい状況が続いています。

出典 Pinterest

ヒロラがここまで数を減らした理由は、気候変動による干ばつ、角や皮、食用として肉を狙われての乱獲、生息環境の破壊、さらには肉食動物による捕食など、幅広い要因が推測されます。ヒロラの絶滅を食い止めるため、保護区が設定されましたが、保護区だけでヒロラを守ることは難しいと考えられています。ヒロラには広範囲を移動する習性があり、敷地の規模が小さく、季節によっては十分な草が食べられないこともあり、ヒロラが保護区内に定住する可能性は低いためです。

まずは、少しでも多くの人にヒロラの存在を知ってもらうことが、この美しい生き物を守るための1歩になると考えられています。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事

Vario(ヴァリオ)
Assign a menu in the Left Menu options.
Assign a menu in the Right Menu options.