Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 平和を愛する優しい“テングザル”長い鼻とぽっこり太鼓腹も「平和主義」に理由が!!

平和を愛する優しい“テングザル”長い鼻とぽっこり太鼓腹も「平和主義」に理由が!!

119viewmayu2018/07/16

平和を愛する優しい“テングザル”長い鼻とぽっこり太鼓腹も「平和主義」に理由が!!

オスだけに見られる“天狗”のような長い鼻が特徴的な『テングザル』。この鼻は年を取るごとに大きくなり、体の熱を放出したり、大きさでメスにアピールしたり、メスを引き寄せるために声を響かせたりするなど様々な働きがあります。鼻だけでなく、まるで妊娠しているかのようなぽっこりお腹も目を引く特徴です。テングザルは、他のサルがおいしい果実を食べる一方、木の葉や熟れていない果実、シロアリなど消化に時間がかかるものを食べており、それを効率的に消化するために胃が4つに分かれています。これが原因で膨れたお腹になっています。

出典 Google Plus

テングザルは、争い事を極端に嫌う、サル界屈指の“平和主義者”です。大きな鼻は、オス同士なるべく喧嘩せずにメスにアピールするため、お腹が大きいのは他のサルが口にしないものを食べるから。また、彼らが食べる葉には毒が含まれるので体内に熱がこもり、その熱と毒を早く発散させるために鼻が長くなったとも言われます。そうまでしても、他のサルがおいしい果実を食べる邪魔をしたくないのがテングザル。ボルネオ島は粘土質の地面なので、フルーツが実りにくい土地です。森のどこでも手に入る葉っぱや、まだ熟していない果実を独占して食べることで、他のサルとの食べ物争いから解放されたのです。さらに、テングザルは自分より小さなサルが自分の寝床に近づいてくると、縄張りを譲ってしまうほどのお人好し。優しすぎて損をしているように感じてしまいますが、彼らなりの幸せを探しながらたどり着いたのが、平和に生きる道だったのです。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事