Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > 感動・泣ける > 親戚の間で「変わりもの」と噂のおばあさん・・・。でも、本当は素敵な女性だった

親戚の間で「変わりもの」と噂のおばあさん・・・。でも、本当は素敵な女性だった

111viewvario2018/08/25

親戚の間で「変わりもの」と噂のおばあさん・・・。でも、本当は素敵な女性だった

人と違った価値観を持つ人を、私たちは「変わり者」と呼んで区別することがあります。よる子(@yoruroy)さんの親族にも、「変わっている」と噂される一人のおばあさんがいるそうです。しかしよる子さんは、そんな噂に思わず首をかしげてしまう体験をしました。

昨今では価値観が多様になっているとはいえ、田舎にはまだまだ「昔ながら」の考え方が蔓延しています。とりわけ女性がある程度の年齢になれば、「結婚はまだか」とまくしたて、結婚をすれば「子どもはまだか」と急かすもの。それが悪いわけではありませんが、生き方が多様化し、また、子供を産みたくても産めない人もいる以上、最近では「デリケートな問題」として認識されつつあります。

よる子さんも現在お子さんが一人いますが、田舎に顔を出すと、「二人目はまだか」と親戚中から言われてしまうそうです。

するとそのような質問攻めの中、例の「変わり者」のおばあさんが突然口を開きました。

「大きなお世話って言ってやんな!」

そのおばあさんはただ一人、「常識」を持っていたようです。もしかするとおばあさんは、そんな当たり前の価値観を持っていたがゆえに、たくさんの苦労をしてきたのかもしれません。

少なくともよる子さんの目には、他人から厄介がられるような変わり者とは映りませんでした。

もちろん他の親戚たちが悪い人なわけではありません。しかし時に私たちは、自分たちと違う考えを持つ人を、無理に遠ざけてしまうこともあります。少数派だから変わり者なのではなく、人はみな違う考えを持っているのだということを、改めて考えさせられるエピソードでしたね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事