Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > あなたの子育て法は間違っていませんか?親としての自分を振り返る「18の言葉」

あなたの子育て法は間違っていませんか?親としての自分を振り返る「18の言葉」

2939viewvario2016/02/25

あなたの子育て法は間違っていませんか?親としての自分を振り返る「18の言葉」

子育てについては、様々な学者やアマチュアの人々の子育て法が出回り、子どもに関する知識を得る機会は増えつつあります。一方で、やはり人間を育てる以上、マニュアル通りに事が進むはずもありません。世の中の親たちは、恐らく数十年後の未来においても、子どもの育て方に悩まされることと思います。

 

しかし、様々な教育法がある中で、その根底にあるものを実に端的に表現した「18の言葉」があることをご存知ですか?

その提言者であるドロシー・ロー・ノルト博士は、家庭教育や子育て研究の第1人者であり、さまざまな著作を出版している作家でもあります。

そのドロシー博士が『子どもは大人の鏡』という項目に登場する「18の言葉」は、恐らく多くの親たちに衝撃を与えることになるでしょう。

『子どもは大人の鏡』

子供は、批判されて育つと、人を責めることを学ぶ
子供は、憎しみの中で育つと、人と争うことを学ぶ
子供は、恐怖の中で育つと、オドオドした小心者になる
子供は、憐みを受けて育つと、自分を可哀想だと思うようになる

子供は、馬鹿にされて育つと、自分を表現出来なくなる
子供は、嫉妬の中で育つと、人をねたむようになる
子供は、ひけめを感じながら育つと、罪悪感を持つようになる
子供は、辛抱強さを見て育つと、耐えることを学ぶ
子供は、正直さと公平さを見て育つと、真実と正義を学ぶ

子供は、励まされて育つと、自信を持つようになる
子供は、ほめられて育つと、人に感謝するようになる
子供は、存在を認められて育つと、自分が好きになる
子供は、努力を認められて育つと、目標を持つようになる

子供は、皆で分け合うのを見て育つと、人に分け与えるようになる
子供は、静かな落ち着いた中で育つと、平和な心を持つようになる
子供は、安心感を与えられて育つと、自分や人を信じるようになる
子供は、親しみに満ちた雰囲気の中で育つと、生きることは楽しいことだと知る

子供は、まわりから受け入れられて育つと、世界中が愛であふれていることを知る

あなたの子どもはどんな環境で育っていますか?

出典 こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語

子どもは非常に好奇心旺盛であると同時に、特に幼い子どもであるほど「論理的思考力」は発展途上にあります。つまり、彼らは自分の目で見たもの(あるいはその他五感で感じ取ったもの)を、そのまま自らのうちに吸収していきます。「子どもは大人の鏡」とは、まさにその通りなのです。

ちなみに、夫婦の間の接し方も子どもに影響を与えているって知っていましたか?

日本ではよくありがちですが、子どもが生まれると両親は子どもを溺愛し、一方で夫婦間の関係はその分冷めていくことがありますよね。実は、その光景は子どもにとってあまり良い影響といえないそうです。

むしろ、「子どもは二番、パートナーが一番」という姿を見せたほうが、自分もいつか両親のような、仲の良い愛であふれた家庭を築きたいと思うようになるそうです。

子どもは私たちが思っている以上に、私たちのことを事細かに見ているようです。私たち自身が、子どもたちの「世界」そのものといっても過言ではありません。そうであるなら、子どもたちにとって、それが希望で満ち溢れたものに見えるよう、努力しなければなりませんね。

参考:Roots of action

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事