Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 地面に巨大な目!?いまだに謎の多い自然現象、リシャット構造

地面に巨大な目!?いまだに謎の多い自然現象、リシャット構造

911viewred-cb2016/10/28

地面に巨大な目!?いまだに謎の多い自然現象、リシャット構造

アフリカ・サハラ砂漠の国モーリタニアに、巨大な「目」がたくさんあるのをご存知でしょうか?

The Eye of the Sahara aka The blue eye of Africa. #mauritanie #theeyeofafrica #team222 #richat

Salem | سالمさん(@salemsimple)が投稿した写真 -

はい、これはたしかに「目」ですね。大きすぎて宇宙からでないとわからない、というのだからスケールの大きな話です。

「サハラの目」リシャット構造はどうやってできたのか?

これは「リシャット構造」という耳慣れない名前を持つ地形なんです。

 

隕石がぶつかってできたクレーターの跡、という説が長年唱えられてきましたが、近年では大地の隆起によってこのような地形になったといわれています。

#richat #sahara #mauritanea #misterio

Pedro Mendesさん(@pedromendesphotography)が投稿した写真 -

地面が盛り上がって、そこが侵食されてこんなふうになった…といわれても、ではなぜこんなにきれいに同心円を描いているのか。謎は深まるばかりです。

 

ナスカの地上絵と同じように、「宇宙からでないと全貌が見えない」という点が、ロマンをかきたてられますね。まだまだ不思議は多いけれど、解明されない方がいいような気もしてきます。

出典 daum

リシャット構造の「内部」から見てみると、まるで円には見えません。

 

 

 

日本から訪れるには相当な時間と労力のかかるアフリカ・サハラ砂漠ですが、このリシャット構造はちょっと見てみたい。自然の偉大な力と、悠久の時の流れを感じられる旅になりそうですね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事