Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 大きいことはいいことだ!なんでもスケールがでかい中国は、大仏もでかすぎた

大きいことはいいことだ!なんでもスケールがでかい中国は、大仏もでかすぎた

737viewred-cb2016/12/02

大きいことはいいことだ!なんでもスケールがでかい中国は、大仏もでかすぎた

大きな大きな大仏…というと、日本で思い浮かぶのはやっぱり奈良の大仏。高さは18メートルですが、あの存在感にはひたすら畏れ入るばかりですね。

 

この奈良の大仏の5倍の大きさを持ち、しかも建物ではなくて外にむきだし、さらに造られたのが8世紀というとんでもない大仏が中国にあります。

さすが中国、やっぱり中国、このスケールは中国じゃないと無理ですね。

 

90年という時間をかけて造られた、高さ71メートルの大仏です。

出典 chinatrip.jp

仏教の聖地、峨眉山から程近いところに鎮座しています。元々はちゃんと楼閣もあったのですが、そちらは焼失してしまいました(´・_・`)

 

人間の大きさと比べると、その巨大さがよくわかるでしょう。

これはなんと足です!足の指。ここだけで人が100人乗れるのだそう。やっぱりスケールがおかしいですね。

出典 abaxjp.com

遠近感が変になる巨大さです。

 

とんでもないのは、この楽山大仏が「山を彫ってできあがった」という点。たしかに、まわりの山肌に違和感なく溶け込む色合いですよね。これを8世紀にすでに造り上げていたというのは、にわかに信じがたい事実です。

 

特に信心深くなくても、この楽山大仏にはひれ伏してしまいそうですね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事