Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 一度は“絶滅” 悲しい過去を乗り越えた 最強最大のライオン『バーバリライオン』 

一度は“絶滅” 悲しい過去を乗り越えた 最強最大のライオン『バーバリライオン』 

1023viewmayu2017/03/30

一度は“絶滅” 悲しい過去を乗り越えた  最強最大のライオン『バーバリライオン』 

アフリカ北部に生息し、最大の個体は全長約4mと、ライオンの中でも最大級と言われている『バーバリライオン』。

胸板が厚く、黒いたてがみは長く伸びて胴にまで達していたとされ、私達が知っているライオンの姿をより大きく、厳つくしたような見た目です。

ローマ帝国が栄えていた時代、北アフリカ征服に乗り出したローマ軍は、多くのバーバリライオンを戦利品として捕獲しました。強さの証として見世物にされ、競技場では剣闘士と戦わせられました。
ローマ帝国滅亡後も、人間が生息地を開拓していきます。そして、単なる娯楽の狩りの対象として、多くが殺されました。

こうして次々に数を減らしたバーバリライオンは、1891年にはチュニジアとアルジェリアから姿を消します。そして1922年、モロッコで野生種最後の一頭が射殺され、絶滅してしまいました。

出典 ひかたま

その後、1996年にモザンビークのサーカスで再発見され、2007年にも1頭の生息が確認されます。しかし、これらは混血種でないかと疑われていました。

ところが2012年、ついに純血種のバーバリライオンが発見されました。かつて、モロッコ国王ムハンマド5世の時代に貢物として献上され、引き続き私設動物園で飼育されている30頭の存在が判明。絶滅から、野生絶滅に切り替えられました。

現在は、モロッコ首都に開設されたラバト動物園で飼育されている、奇跡のバーバリライオンたち。

開園直後には更に3頭の赤ちゃんが生まれ、今も未来を切り開いています。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事