Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > ギネス認定!世界一の立派な巨大角をもつ牛“ワツシ”

ギネス認定!世界一の立派な巨大角をもつ牛“ワツシ”

332viewmayu2017/05/30

ギネス認定!世界一の立派な巨大角をもつ牛“ワツシ”

牛は、私達の暮らしには、牛乳や牛肉といった食材として食卓に並ぶ“おいしい”存在です。ミルクや肉、皮などが利用され、人間の生活に溶け込んでいる一方、あまり注目されることの少ないのが、牛の“角”です。

しかし、ある牛が持つ、想像を超えるほど巨大な角がギネスブックに載ったことから、牛の角にスポットライトが当たりました。

出典 Quo

アフリカ原産の『ワツシ』という種類の牛は、湾曲した大きな角が特徴的な牛です。ウガンダ南西部から来た、「アンコーレ族」という部族が飼育していた牛として、『アンコーレ牛』とも呼ばれています。

写真は、アメリカのアーカンソー州ロッキー・リッジ牧場で飼われていたワツシのオスで、「ラーチ」と名付けられました。2003年5月6日に、その巨大な角がギネス認定を受けた、世界一大きな角を持つ牛です。2003年当時で、角の長さは2.3m、重さが90㎏もあります。角の周囲は95.25cmもあるそうです。ラーチは残念なことに、2012年5月既に亡くなっています。

ワツシの大きな角は、蜂の巣状になっていて血管が通っています。角を通った血液が外気で冷やされて体に戻り、体温調整を行っています。角の重さで肩が凝りそうですが、立派な角は、立派に体を守る役目も果たしています。

出典 Ravepad

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事