Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 羽毛が伸び続けるユニークなインコ“フェザーダスター”に隠された過酷な運命

羽毛が伸び続けるユニークなインコ“フェザーダスター”に隠された過酷な運命

576viewmayu2017/06/17

羽毛が伸び続けるユニークなインコ“フェザーダスター”に隠された過酷な運命

日本でも、ペットとして多くの人に愛されている「セキセイインコ」。オーストラリア南部内陸部の、比較的乾燥した地域が原産です。日本では、明治時代から飼育されるようになりました。より美しい品種を生み出すための改良が重ねされ、現在、そのカラーバリエーションは数百種以上におよびます。

その品種改良の過程で生み出されたのが、『フェザーダスター』です。これは、インコの種類ではなく、突然変異の症状を指す言葉です。普通のインコと大きく違うのが、もじゃもじゃの羽毛です。フェザーダスターとは、羽毛が伸び続けて止まらない症状のことを指すのです。“モップ”のようなユニークな見た目と、その希少さから、欲しがる人も多いインコです。

出典 Mumsema

しかし悲しいことに、フェザーダスターのインコは、羽毛のせいで飛ぶことが出来ません。また、一般的なデータだとセキセイインコの寿命は約10年とされていますが、フェザーダスターは半年から1年しか生きることができません。劣性遺伝がもたらす突然変異により、免疫システムがダメージを受けているためと考えられています。

出典 Youtube

遺伝子的な問題による症状なので、治療することは出来ません。飼い主に出来る事は、羽を定期的にトリミングしたり、羽とクチバシを形成するビタミンなどを多く含む栄養補助剤を与えたりすることです。心惹かれる見た目だけでなく、隠された背景を思うと、産まれてきたフェザーダスターの命をより大切に扱ってあげたいですね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事