Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 目を疑うほどの跳躍力!サバンナの宙を飛ぶ美しいガゼル“スプリングボック”

目を疑うほどの跳躍力!サバンナの宙を飛ぶ美しいガゼル“スプリングボック”

183viewmayu2017/07/01

目を疑うほどの跳躍力!サバンナの宙を飛ぶ美しいガゼル“スプリングボック”

乾燥した草原や砂漠に生息する、南アフリカのアンテロープの1種『スプリングボック』。別名「トビカモシカ」とも言われる彼らの特技は、3m以上にもなる尋常じゃない高さの“跳躍”です。まるで上から釣り上げられているかのように、四肢をそろえて美しい弧を描きながら跳ね回ります。

この跳躍は、仲間に危険を知らせるためや、捕食者を高所から確認するためなどの説がある他、自身の運動能力を捕食者に知らせて、捕まえようとしても捕まらないことを示すためとも言われています。単に遊びで跳ぶこともあるそう。

涼しい顔で走り回り、ボールのようにぴょんぴょん飛ぶスプリングボックですが、灼熱の砂漠でそんなに体力を使って、平気なのでしょうか。その秘密は、彼らの美しい“毛皮”にあります。体を覆っている毛はたったの4mm。体に対して非常に短く、熱が伝わりやすい性質をもつため、体から熱をどんどん空気中に出すことができるのです。
さらに空気の温度が体温より高いと、スプリングボックは白いお尻を太陽に向けて、太陽光を反射し、熱を吸収しないようにします。このようにして、暑いアフリカでも激しい運動後に、体内の発熱を発散しているのです。

軽やかなジャンプで、サバンナを颯爽と駆けるスプリングボック。厳しい暑さも跳ね飛ばして生きています。

動画では、1:07あたりからスプリングボックのジャンプを見ることができます。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事