Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 神秘の生き物!すごすぎる擬態で海を漂う“リーフィーシードラゴン”

神秘の生き物!すごすぎる擬態で海を漂う“リーフィーシードラゴン”

38viewmayu2017/08/30

神秘の生き物!すごすぎる擬態で海を漂う“リーフィーシードラゴン”

タツノオトシゴの近縁種で、オーストラリアの南と東の沖合にのみ生息する『リーフィーシードラゴン』。生息地の海域は、いくつもの海流がぶつかり合っている場所のため、多くの天敵を含む様々な生物が住む場所となっています。また、海草や昆布が豊富な場所でもあります。そこで、リーフィーシードラゴンは天敵の目をごまかすため、海藻への“なりきり術”を身につけました。この擬態はかなり精度が高く、海をゆっくりと泳ぐ姿は波に漂う海藻そっくりです。

口は筒状で、全身には葉の形をした複雑な突起があります。これは皮膚が変化したものです。また、体側にはトゲがあり、胸びれは首の位置にあります。

タツノオトシゴと同じように“イクメンパパ”のリーフィーシードラゴン。タツノオトシゴは父親が育児嚢をもち、卵をその袋で育てますが、リーフィーシードラゴンは皮膚の襞の間のくぼみに卵塊をくっつけて育てます。卵を守る時は、体側面のトゲを盾にして守り、さらに卵そのものに本物の海藻を生やしてカモフラージュすることもあります。自分自身だけでなく、赤ちゃんにほどこす擬態も完璧です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事