Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 【ちょっと閲覧注意】聞こえるのは断末魔の叫び声!アステカ族が使ったとされる「死の笛」とは?

【ちょっと閲覧注意】聞こえるのは断末魔の叫び声!アステカ族が使ったとされる「死の笛」とは?

130viewhaco2017/09/04

【ちょっと閲覧注意】聞こえるのは断末魔の叫び声!アステカ族が使ったとされる「死の笛」とは?

身も凍るような「死の笛」の音色

15世紀頃にメキシコ中央部で栄えたとされるアステカ文明。

アステカ族は雨乞いや豊穣祈願など、様々な儀式において神に生贄を捧げる「人身御供」を行っていたことで有名ですが、「死の笛」はそんなアステカの遺跡から出土しました。

 

恐ろしいドクロのかたちをしているため、発見当初は単なる装飾品と考えられていた「死の笛」。

実はこれは、神事や戦いの際に用いられた楽器であったのです。

では、一体「死の笛」はどんな音がするのでしょうか。

実際に演奏した動画をご覧ください。苦手な方は要注意です!

出典 YouTube

まるで人間が絶叫しているかのような、なんとも言えない音色…

この音が響き渡る場は、おそらく異様な雰囲気に包まれたことでしょう。

そんな中で儀式や争いが行われていたと考えると、ちょっと背筋が寒くなるような気がしますね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事