Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 【絶滅危惧種】世界にたった800羽の超希少種“アラリペマイコドリ”

【絶滅危惧種】世界にたった800羽の超希少種“アラリペマイコドリ”

737viewmayu2017/10/30

【絶滅危惧種】世界にたった800羽の超希少種“アラリペマイコドリ”

小学生の赤い体操帽子をかぶったような真っ赤な頭が特徴的な『アラリペマイコドリ』は、全長14cmほどの、かわいらしい小鳥です。頭頂部の赤色はヘルメットのようにも見えることから、「アラリペヘルメットマイコドリ」の別名もあります。赤いヘルメットと、真っ白い羽に黒いしっぽという特徴はオスだけのもので、メスは、オリーブグリーンや淡いグリーン色をしています。マイコドリは、名前からも分かるように、求愛の際、オスが複数羽で集いダンスを披露します。ブラジル北東部のセアラー州にある「Chapada do Araripe」と呼ばれる森にのみ生息している、大変珍しい種です。

出典 Youtube

絶滅危惧種に指定されているアラリペマイコドリ。一時期は、個体数が50以下であるという報告がされ、ブラジル内で最も珍しい鳥として知られることになりました。彼らが唯一生活する森周辺の地域の、環境汚染が主な原因となり、生息数が激減したと言われています。森林伐採などの人間の生息地の破壊によっても、頭数をかなり減らしてきました。しかし、現在では熱心な保護活動により2000年には50羽前後しかいなかったのが、2008年には250羽まで復活しました。その後、現在では800羽にまで増えてきているようです。それでも、アラリペマイコドリたちの生き残りをかけた状況は、まだまだ深刻です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事

Vario(ヴァリオ)
Assign a menu in the Left Menu options.
Assign a menu in the Right Menu options.