Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 同種とは思えない!オスとメスの違いが激しすぎる“オオハナインコ”

同種とは思えない!オスとメスの違いが激しすぎる“オオハナインコ”

60viewmayu2017/11/07

同種とは思えない!オスとメスの違いが激しすぎる“オオハナインコ”

インコやオウムの仲間は、オスとメスの区別がつきにくいとされていますが、そんな中、オスとメスでは歴然の差がある見た目のインコに『オオハナインコ』がいます。何といっても対照的なのが、羽の色です。オスは鮮やかな緑色をベースとした体に、赤や黄色の差し色が入り、くちばしが赤と黄色の2色。メスは赤、紫、青のくっきりした配色で彩られていて、黒いくちばしをもっています。

出典 Twitter

オオハナインコはニューギニア、オーストラリア、ソロモン諸島など南半球の森林地帯に生息します。体長はオス、メスともに35㎝前後、体重は400g~550gと、比較的大きめのインコです。雌雄あまりの違いに、以前は同品種だと見なされずオス、メスが違う種類に分類されていたこともあったようです。オスメスの違いは見た目だけではありません。一般的に、オスはおっとりとしたタイプで、メスはアクティブで陽気と、性格にも違いがあり、メスはオスよりも落ち着きがない個体が多いようです。

高い知性と感受性を持つオオハナインコは、飼い主の感情も察してくれ、飼い主が落ち込んでいると、オオハナインコも釣られてテンションが下がってしまうほど、繊細な一面もあります。おしゃべりも上手で、短い言葉を沢山覚えることもでき、ペットとしても大人気です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事