Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 子どもは公園で遊べない!?規制の連続で遊び場を失う少年たちの悲鳴

子どもは公園で遊べない!?規制の連続で遊び場を失う少年たちの悲鳴

152viewvario2018/01/11

子どもは公園で遊べない!?規制の連続で遊び場を失う少年たちの悲鳴

子どもたちは外で元気に遊びまわるもの。そんな当たり前の認識も、21世紀の日本ではすっかり影を潜め、今ではインドア派の子どもたちが多くを占める現状です。

とはいえ、その要因を作ったのは必ずしも「ゲーム」や「受験」ばかりではありません。実は最近の「規制ブーム」が、子どもたちの遊び場にすら影を落としているというのです。

そんな現状を伝えるべく、Twitterに勇気ある投稿をしてくれたのは、5歳の弟を持つわさび(@HP5_Lv999)さん。わさびさんは、弟たちが「公園で遊べない」理由について次のようにまとめてくれました。

それにしても・・・公園で遊べないというのはどういうことでしょう?そもそも子どもたちが遊ぶ場として作られているはずなのに・・・。

子どもたちの悲痛な叫びをさっそくみてみましょう。

ようするに「規制」がすごいということですね。今の世の中、規制規制の連続で、気の休まる瞬間が減りつつありますが、まさか公園にすらこれほどの規制を強いられていたんですね・・・。

親御さんたちは子どもの安全を守っているつもりかもしれませんが、結果的に子どもの首を絞めていることにつながっている可能性もあります。また、遊び場を失った子どもたちが、別の場所(遊びに適さない場所)で遊ぶようになり、かえってトラブルを生むこともあります。

社会システムを維持するうえで、子どもの遊び場というのは必要不可欠な存在です。規制ではなく共存する方法を探すことのほうが、今の大人たちには求められているのではないでしょうか?

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事