Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 有害鳥獣撃退ロボットが 動物じゃなくても逃げ出したくなるくらいメッチャ恐い!

有害鳥獣撃退ロボットが 動物じゃなくても逃げ出したくなるくらいメッチャ恐い!

1424viewvario2018/03/22

有害鳥獣撃退ロボットが 動物じゃなくても逃げ出したくなるくらいメッチャ恐い!

都会に住んでいる人にはピンとこないかもしれませんが、山間部の農家などにとって、有害鳥獣は生活を脅かすほど深刻な問題です。もちろん長い歴史の中でさまざまな施策が取られているものの、その被害は一向に減りません。

しかしここ最近、千葉県木更津市の農協が行ってきたある実験が、有害鳥獣対策に大きな効果をもたらすことが判明しました。

その実験というのが、北海道で開発されたオオカミ型ロボット「スーパーモンスターウルフ」を使った実験です。

出典 Youtube

こちらがそのモンスターウルフ。・・・見た目が恐すぎます(笑)。そりゃあこれだけ恐ければ動物はもちろん、人間だって逃げ出したくなっちゃいます・・・とまぁ、冗談はさておき。

こちらのロボットは「かかし」と同じく動くことはできませんが、赤い目を点滅させ、首を左右に振りながら、大きな音を出すことができます。音の種類はオオカミの鳴き声だけでなく、銃発砲音や電子音など全18種類の音を発することができるそうです。

実際にスーパーモンスターウルフを設置した地域では、食害が激減したという結果が出ています。この結果を踏まえ、今後各地で導入されていくかもしれません。

有害鳥獣の被害を減らすためにも、ぜひともこのような施策が広まってほしいものです。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事