Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 自分の道は自分で作る!ちいさな迷路職人は お鼻ピクピク“ハネジネズミ“

自分の道は自分で作る!ちいさな迷路職人は お鼻ピクピク“ハネジネズミ“

314viewmayu2018/03/24

自分の道は自分で作る!ちいさな迷路職人は お鼻ピクピク“ハネジネズミ“

『ハネジネズミ』は、ゾウの鼻をもつネズミ、と呼ばれている小さな動物で、3000万年前から生息する“生きた化石”の一種です。ネズミというよりはモグラやゾウに近縁と考えられていて、現在はハネジネズミ目、という独立した存在に分類され、15種ほどが確認されています。アフリカ大陸に広く生息しており、種によってサバンナや藪地、森林など様々なところで目にすることができます。体長はどの種も10〜30cm、体重50〜500gと、とても小さな体です。

出典 Elelur.com

ゾウほど立派なものではありませんが、お鼻が伸びていて、いつもピクピクさせている様子がとても可愛らしいハネジネズミ。鼻は食物を探すためにいろいろな方向に曲げることができ、アリなどの昆虫や、木の葉、果実などを食べて暮らしています。「ハネジ」の名は「跳地」からきていて、長い後ろ脚をバネのように使い、跳躍しながら移動できるところからきています。とっても警戒心の強い生き物で、時速25kmと、とんでもない俊足で敵を翻弄し、逃げることができます。さらに、ハネジネズミの警戒心の強さは筋金入りで、茂みの中に自分で道を作り、その通路を逃げ道として使用し、一生をその道の中だけで過ごすものもいます。敵に侵入されても大丈夫なように、道はあえて複雑な迷路のような造りになっていて、自分が走りやすいよう、メンテナンスにも余念がありません。ちいさな迷路職人のハネジネズミは、今日もお鼻をピクピクさせながら頑張っています。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事