Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 何億年も変わらぬ姿、青い血液、変な泳ぎ方…不思議がいっぱい!“カブトガニ”

何億年も変わらぬ姿、青い血液、変な泳ぎ方…不思議がいっぱい!“カブトガニ”

77viewmayu2018/05/08

何億年も変わらぬ姿、青い血液、変な泳ぎ方…不思議がいっぱい!“カブトガニ”

お椀型の甲羅に、トゲのような尻尾、何億年も前の古生代からほとんど変わらない姿を保って生きてきた『カブトガニ』は、まさに“生きた化石”の代名詞とも言える、ロマンあふれる生き物です。現存する生物だと知らなかった人もいるのではないでしょうか。名前に「カニ」と入っていますが、カニの仲間でも、甲殻類でもなく、分類学上はクモなどと同じ属性にあります。長く伸びた尻尾は、武器のように鋭く尖っていますが、これは敵を攻撃したり、刺したりするためのものではありません。光受容体という器官があったり、ひっくり返ってしまった時に起き上がるために使ったり、海底に刺して流されないようしたりと、日常生活に役立つ機能をいろいろ備えています。地上では甲羅を上にして歩くカブトガニですが、泳ぐときには仰向けになります。逆さまになって、エラを舵代わりに水中を泳ぎ回るのですが、このときにも尻尾が方向転換するために大事な役目を果たします。

出典 Sumally

見た目も泳ぎ方も個性的なカブトガニ、もっとユニークなのはその血液の色です。血と言えば赤、と思いがちですが、カブトガニの血は青色をしています。人間の血液は赤い色素を含むヘモグロビンで酸素を運ぶ一方、カブトガニは酸素を運ぶのに、銅を含んだヘモシアニンを使っていて、銅は酸化すると青緑に変化し、これによって青い血液になります。この不思議な血液には、病原菌から身を守るための特殊な細胞が備わっています。実は、この特殊な効果を利用して、人間のワクチンが作られていて、これまでにカブトガニの血液によって救われた命がたくさんあるのです。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事