Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 万能すぎる“リス”のしっぽ!トカゲみたいにしっぽを切って逃げることも!?

万能すぎる“リス”のしっぽ!トカゲみたいにしっぽを切って逃げることも!?

45viewmayu2018/05/12

万能すぎる“リス”のしっぽ!トカゲみたいにしっぽを切って逃げることも!?

体長と同じくらい長くてフサフサのしっぽが特徴的な『リス』ですが、その自慢のしっぽにはたくさんの役立つ機能が隠されていることを知っていますか。まるでひみつ道具のように、万能すぎるリスのしっぽの使い方をご紹介します。

フサフサであったかいしっぽは、寝る時に体に巻き付け、体温を温存する“抱きまくら”にもなりますが、雨が降った時には“傘”としても役立ちます。横に平べったく広げて、頭の上にかかるようにくるりと体を覆うと、自前の傘のできあがりです。もう一つ、樹の上で生活するリスたちは、しっぽを“パラシュート”のように使うこともあります。リスのしっぽの毛は、胴体の毛の約3倍の長さがあります。木から木へと飛び移る時や、少し高いところから飛び降りる時、しっぽの毛をブワッと広げることで、空気抵抗を受けやすくなり、落下速度を遅らせることができるのです。

出典 Popsugar

一番びっくりなのは、リスのしっぽは、トカゲのしっぽと同じように切り離すことができる、ということです。といっても、必ずしも根元から取れるわけではなく、途中から切れたり、表皮だけがずるっとむけたりなど、その状態は様々です。しかし、トカゲのしっぽは切れても骨以外の部分は再生されますが、リスは一度切れてしまうと再生することはありません。いざというとき、命を守るための犠牲ですが、しっぽでバランス感覚を保っているリスにとって、しっぽを失うのはとても悲しいことです。とても切れやすい構造になっているので、ペットで飼っている人も注意が必要です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事