Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > オーストラリア国獣“カンガルー”にはすごすぎる秘密がたくさんあった!

オーストラリア国獣“カンガルー”にはすごすぎる秘密がたくさんあった!

197viewmayu2018/07/25

オーストラリア国獣“カンガルー”にはすごすぎる秘密がたくさんあった!

オーストラリアに上陸したキャプテン=クックがある動物を見て、現地のアボリジニに名前を尋ねたところ「カンガルー(分からない)」と答えたことから名付けられたという、オーストラリアの代表的な動物『カンガルー』。この話は俗説で、実際は「跳ぶもの」を意味する「gangurru」が転じてカンガルーになったとされています。

カンガルーは、超長いアキレス腱をバネに、太い尾を上下させて、その反動で肢の筋肉をほとんど使わず跳躍し続けることができます。大型のアカカンガルーは、跳躍で時速約70kmのスピードを出し、発情期には1日100kmも移動します。しっぽは、全体重を支えるほどの強度があり、オス同士の喧嘩では、しっぽだけで体を支え、四肢を使って飛び蹴り、ボクシングパンチを繰り出します。さらに、カンガルーは泳ぎも大得意。敵に追われると、池や川に飛び込み、強力な足と尾を左右に振り推進力を得ながら泳ぐ姿が確認されています。

出典 YouTube

カンガルーといえば、母親がお腹の袋で赤ちゃんを育てる“有袋類”ですが、袋で成長を止めたり再開したりできる、という驚きの事実を知っていますか?外の環境が子育てに適した状態でなければ、細胞分裂を一旦止めることができるのです。外の環境が子育てできる状態になったら、再び細胞分裂を開始して子どもを産みます。

有袋類の王国であるオーストラリアには、カンガルーの天敵がほぼおらず、警戒する必要がないので、後ろに進む能力は完全に退化し、後ろに跳ぶことが出来ません。この「敵に後ろを見せない」カンガルーは、オーストラリア海軍のシンボルマークになっています。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事