Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > オスなしでもメスだけで何百万匹も繁殖できる!ミステリーなザリガニ“ミステリークレイフィッシュ”

オスなしでもメスだけで何百万匹も繁殖できる!ミステリーなザリガニ“ミステリークレイフィッシュ”

101viewmayu2018/08/13

オスなしでもメスだけで何百万匹も繁殖できる!ミステリーなザリガニ“ミステリークレイフィッシュ”

どんな生きものも、オスとメスがいないと新しい命が芽生えない・・・わけではないことを知っていますか?1995年、アメリカのフロリダ州エバーグレーズで、ザリガニの愛好家が「スラウクレイフィッシュ」という1匹のザリガニを購入しました。すると、そのザリガニは交尾の相手なしに自分のクローンを作って繁殖し始め、みるみるうちに増えていきました。これを発見した愛好家が、「ミステリーなザリガニがいる!」と言ったことに端を発し、このザリガニは『ミステリークレイフィッシュ』と呼ばれるようになりました。当時はメスだけで増えるザリガニは考えられない事であり、勘違いではないかと疑われていましたが、2003年、ミステリークレイフィッシュは単為生殖で自らのクローンを増やし続ける新種であると発表されました。

ミステリークレイフィッシュは、たった1匹のメスから無数の子どもたちが誕生し、現在世界中に広がっています。ヨーロッパ全域とマダガスカルで発見されていますが、研究者によると、わずか10年のうちに爆発的に増えたといいます。研究者たちをさらに驚かせたのは、ミステリークレイフィッシュが染色体を3組持っていたことです。ほとんどの生物は、父親から受け継いだ染色体を1組、母親から1組と、計2組の染色体しか持ちません。この特殊な性質は、有害な遺伝子変異が継がれるのを防ぐだけでなく、様々な環境へ適応するのを助けている可能性があると考えられています。実際、ミステリークレイフィッシュは酸性、アルカリ性どちらの水にも、また、汚染された水にもきれいな水にも存在します。圧倒的な繁殖力で生態系への影響が心配されている一方、このザリガニの特殊な遺伝子構造を研究することは、同じようにクローンを作って進化するがん細胞の研究にもつながり、がんの研究にも役に立つのではないかと期待されています。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事