Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > ある意味台風の恐ろしさがよく分かる 暴風雨のなかインターホンが鳴ったと思ったら…

ある意味台風の恐ろしさがよく分かる 暴風雨のなかインターホンが鳴ったと思ったら…

37viewvario2018/09/13

ある意味台風の恐ろしさがよく分かる 暴風雨のなかインターホンが鳴ったと思ったら…

2018年の夏は台風や豪雨に見舞われ、西日本を中心に各地で甚大な被害をもたらしています。9月4日に日本に上陸した台風21号も、車を横転させるほどの巨大な勢力で私たちに襲い掛かりました。

そんな台風の恐怖をある意味実感できるのが、次の映像ではないでしょうか?

それは、ToropikaruAiriさんがTwitterに投稿してくれたある映像。暴風雨の吹き荒れる中、突然自宅のインターフォンが鳴らされました。

一体こんな状況で誰がやってきたのかモニターを覗いてみると、そこには驚くべき光景があったのです。

なんとモニターに映し出されたのは、家の前に倒れてきた「木」だったのです。倒れた木が偶然インターフォンを押してしまったのでしょう。

こちらが翌日の光景。よく見ると、隣家の木がフェンスを押し破って倒れています。なんという破壊力。

実際に台風21号の直撃により、各地で樹木や電柱がなぎ倒されています。今回は木のてっぺんがかする程度で済みましたが、万が一倒れた樹木や電柱が家に直撃することを想像すると・・・改めて台風の恐怖を実感してしまいますね。

これからしばらく台風の時期は続きます。皆様も防災には十分ご配慮ください。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事