Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > 筆がないなら手で描いてみれば?小4息子の作品がとんでもない迫力

筆がないなら手で描いてみれば?小4息子の作品がとんでもない迫力

37viewvario2018/09/17

筆がないなら手で描いてみれば?小4息子の作品がとんでもない迫力

子どもの表現力は大人と違い、さまざまなリミッターが少ない分、思いがけない名作を生み出すことがあります。特にそれが顕著にみられるのが「絵画」ではないでしょうか?

なゆ他(@m_ir_oku_o)さんの息子さんが、夏休みの宿題に取り組んでいたときのこと。絵具で作品を描かなければならない宿題でしたが、筆を出すのが面倒だという息子さん。そこでお母さんは、気軽な気持ちで「手で描いてみれば?」と発案してみました。

興味を抱いた息子さんは、お母さんのアドバイス通り筆を使わず手で「恐竜」を描いたのですが・・・その作品が、とんでもないクオリティに仕上がったのです!

どうでしょう・・・この迫力。恐竜の表情、背景の色使い・・・。思わずハッと息をのんでしましますね。しかも、最近Amazon Primeで『シン・ゴジラ』とハリウッド版『ゴジラ』を観た筆者にとっては、もうゴジラにしか見えません。

「親ばか」なんてとんでもない。この絵を見た誰もが、息子さんの才能に圧倒されていることでしょう。

ぜひともこの才能を、今後も伸ばしていってほしいですね!

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事