Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > びっくり・驚愕 > ストレスがかかるとハグをする!愛情表現が限りなく人間に近い“ボノボ”

ストレスがかかるとハグをする!愛情表現が限りなく人間に近い“ボノボ”

31viewmayu2018/10/19

ストレスがかかるとハグをする!愛情表現が限りなく人間に近い“ボノボ”

人間にとても近く、知能の高い生き物としてよく「チンパンジー」が取り上げられますが、コンゴ民主共和国に生息する霊長類『ボノボ』もとても賢く、人間、チンパンジー、ボノボの3種はDNAが98%共通していて、非常に近い関係にあることがわかっています。ただし、攻撃的で“自分のため”に知能を使うチンパンジーと違い、ボノボは平和主義で協調性が高く、“他人のため”に頭を働かせることができます。これは、メスのボノボが、大人になると、育ってきた家族集団を離れるため、よそ者とうまくやっていくことが重要となることに関係していると考えられています。

出典 YENİ.MOBİ

チンパンジーとボノボの違いがもっとも顕著に表れるのは、ストレスを感じたときです。ストレスがかかると、チンパンジーは攻撃的かつ凶暴な性格が表に出ます。別の集団に出会うと、喧嘩をしてしまう事が多くあります。しかし、ボノボは相手とのコミュニケーションによって緊張状態を緩和します。ストレスを感じたときには、相手を攻撃するのではなく、ハグすることが多いのです。お互い高い知能を持つのは同じですが、ボノボは「争いを避ける」本能が働きます。仲間に食べ物を分け与えるのも、人間以外ではボノボくらいにしか見られない珍しい姿なのです。

出典 Onet Kobieta

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事