Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 子どもに示しがつかない「親の食べ物の好き嫌い」でも食えんモンは食えんのじゃー!

子どもに示しがつかない「親の食べ物の好き嫌い」でも食えんモンは食えんのじゃー!

215viewred-cb2017/03/03

子どもに示しがつかない「親の食べ物の好き嫌い」でも食えんモンは食えんのじゃー!

子育ての悩みのひとつに「子どもの好き嫌いをなくすためにはどうしたらいいか」というものがあります。

 

幸い我が家のチビたちは好き嫌いがない…というか「これ苦手なんだよね~」とか言いながらも結局は完食してしまうというありがたい食い意地の持ち主たちなので、助かっています。

 

 

助かってはいますが、そうなると逆に新たな問題が浮上するのです。

 

それは「親の好き嫌いをどう説明するか」ということ(笑)。

 

 

「好き嫌いしないで食べようね~」とか言ってる親が好き嫌いあるなんて…かっこ悪いやら示しがつかないやらですが、どうがんばっても食べられないものは食べられない!

 

特にこれ。

出典 pixabay

納豆です。

 

においが風に乗って飛んでくるだけでも吐きそうになります(好きな人ごめんなさい)。

 

そして困ったことに…いや栄養満点だから困らないんですが、チビたちは納豆大好き!!

だから食卓に出さないわけにもいかず(´・_・`)

 

 

なので開き直って「あんたたちは好き嫌いしたらダメ。でもかあちゃんは納豆が無理だ!誰がなんと言おうと納豆だけは大嫌いだ!絶対に食べられない!食べられないぞーーー!!!」と宣言しています(笑)。

 

堂々と開き直ると、チビたちも「は…はい」と納得せざるを得ないようで、今では「家族公認の事実」として定着してくれたため、ほっと一安心です。

 

…しかしやっぱり食卓にはあげないといけないので、

かあちゃんだけ地獄状態です。

 

親の好き嫌い問題、子どもと一緒に解決していければいいですね!(うちは解決する気ナシですが笑)

 

カテゴリー

アクセスランキング

キーワード

カテゴリ別新着記事