Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > ホワイトデーで判明した事実。「男児がおバカ」ではなく「うちの息子がバカ」だったお話

ホワイトデーで判明した事実。「男児がおバカ」ではなく「うちの息子がバカ」だったお話

586viewhaco2017/03/14

ホワイトデーで判明した事実。「男児がおバカ」ではなく「うちの息子がバカ」だったお話

知っていますか、今時の小学生の恋愛事情

まっすぐで単純で、男児っていうのは本当に「おバカ可愛い」。

女子と男子の子育てをしてはや10年…私はずっとそう思っていたのですが、それは大きな間違いだということに今年やっと気が付きました。

 

みなさん、最近の小学生の恋愛事情がどうなっているかご存知ですか?

小学2~3年にもなると、もう「彼氏」や「彼女」ができてたりするんですよ!

私も正直、

「小2で彼氏とか何すんの?鬼ごっこ?」

と右から左へ聞き流していたのですが、まあ実際そんなもんみたいです(笑)

結局何するかはよく分からんものの「好きな子ができて、両思いになって、お付き合い」という概念が低学年の段階で完成している。

いい大人の私としてはそれだけでちょっとのけぞってしまうんですけど、そんな話は一部の女子の間のことで男子はポカーン( ゚д゚)だと思っていました。

 

ところが先日、息子と同級生のお母さんとお茶した時のこと。

話題は今年のバレンタイン、そしてホワイトデーの出来事になりました。

なんと友達の息子くん、

「本命チョコとともに告白されて」

悩んだ末、

「付き合うってことが自分はまだよく分からない→相手に失礼、ということでお断りし」

「自分の行動が本当にこれでよかったのか、お母さんに悩みを打ち明けて相談」

したそうです。

 

レベル高っ…!!!!

めっちゃ悩み高レベル!!!!!

 

一方うちの息子は100%の友チョコを何も考えずに完食し、毎日尻文字書いて踊ってる始末ですよ。

何だこの差は!!!!!

 

「いつまでもバカ」ってのはうちの息子なだけで、イケメンは幼少期からイケメンということがとてもよく分かりました。世の中の男子、ごめん。

10年来の誤解が解けて良かった(?)です…ううう(女泣き)。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事