Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 関西弁の夫と北海道弁の嫁の間に生まれた子どもたちは、一体どんな言葉を話すの!?

関西弁の夫と北海道弁の嫁の間に生まれた子どもたちは、一体どんな言葉を話すの!?

199viewred-cb2017/03/17

関西弁の夫と北海道弁の嫁の間に生まれた子どもたちは、一体どんな言葉を話すの!?

我が家はとうちゃん(夫)が関西の出身、かあちゃん(私)は北海道の出身で、現在北海道のある地方都市に住んでいます。

 

「関西の人は他地域に移り住んでも、その土地の方言はうつらず、関西弁のまま」というのはよく言われることですが、たしかにとうちゃんはもう北海道に来て10年以上経つのに、関西弁は抜けていません。

出典 Peachy

子どもが生まれるときにふと思ったのが、

「この夫婦と一緒に暮らしていると、子どもの言葉はどっちに影響されるんだろう?」ということでした。

うまいこと関西弁と北海道弁のバイリンガル(?)になってくれればおもしろいのに、と冗談半分で話していたある日のこと。

 

2歳の娘が、生まれたばかりの弟に向かって

 

「ばぶはん」

 

と呼びかけていたのを聞いてしまいました。

え…?何それ一応関西弁なの?(笑)

 

 

その頃娘は弟を、名前ではなく「ばぶ」と呼んでいたのですが、そこにつけた敬称(?)がなぜ「はん」なのかと…さては関西弁の兆候!?と思ったものです。

 

 

数年後には、関西弁と北海道弁がごっちゃ混ぜになった家庭ができあがるのかな~!

…しかし住んでいるのが北海道で、しかも幼稚園でキツめの北海道弁が飛び交うような地方都市です。

 

現在5歳と3歳になりましたが、やはり生粋の北海道弁ですね。

まあ当たり前でしょうな(笑)。

 

 

この話、外国語のバイリンガルを育てたい人の参考に…は、ならないだろうな(´・_・`)笑。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事