Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 新作スタウォーズへの女性差別発言に対し監督が爽快な反撃!

新作スタウォーズへの女性差別発言に対し監督が爽快な反撃!

208viewvario2017/06/07

新作スタウォーズへの女性差別発言に対し監督が爽快な反撃!

2017年になっても残念ながら女性差別思想を抱き続ける男性は存在するようで、アメリカのとあるキャスターがTwitterで次のような発言をしています。

新作のスターウォーズ作品に対するコメントで、「女に乗っ取られるまで、スターウォーズは偉大だった」という内容のものです。最新作の主人公が女性である点を指摘しているのでしょう。まさに典型的な男尊女卑思想ですね。

もちろん彼のコメントに対し方々から批判の声が上がっていますが、この論争はなんと同作エピソード8の監督「ライアン・ジョンソン」さん直々の返答により、終止符を迎えることになったのです。

その監督の返信というのが、以下のもの。

そこにコメントは一切なく、写真が一枚添付されているのみ。

そしてこの写真の女性、ご存知の方も多いでしょう。そう、スターウォーズ各シリーズでレイア姫役をつとめた故「キャリー・フィッシャー」さんです。スターウォーズのヒロインであった「女性」キャストによる、中指突き立て写真の反撃には、恐らく問題発言をしたライターも言葉を失ったのではないでしょうか。そして論争に参加していた多くの人々が、この粋な返しに対し、称賛の声を上げています。

スターウォーズの世界に、女性差別は存在しないようですね。そんな思想を持つ人は、そもそも同作を見るに値しないということでしょうか。最新作、楽しみにしています♪

 

カテゴリー

アクセスランキング

キーワード

カテゴリ別新着記事