Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 予想を上回る大笑い!つい、つられて笑ってしまう愉快な“ワライカワセミ”の鳴き声

予想を上回る大笑い!つい、つられて笑ってしまう愉快な“ワライカワセミ”の鳴き声

34viewmayu2017/07/06

予想を上回る大笑い!つい、つられて笑ってしまう愉快な“ワライカワセミ”の鳴き声

けたたましい「ワハハハ…!」という声が響き渡る森の中。人が大笑いしているように聞こえる独特な声の正体は『ワライカワセミ』のさえずりです。全長約45cmとカワセミの中で最大の種。かなり遠くまで届く大声は、縄張りを誇示するためのものと言われています。

 

元来の分布はオーストラリア東部ですが、西南部からニュージーランドなどに移入され、生息域を広げています。森林や草原など様々な環境に暮らし、都市部にも多く進出しています。

縄張り意識が強く、多少人が近づいても逃げません。木の枝などの高い所に止まって獲物を探し、昆虫やトカゲ、ヘビなどに飛びかかって捕食します。生涯同じつがいで寄り添い、子育ては兄弟含む家族全員で行う、仲間同士の絆が固い鳥です。

出典 PHOTOHITO

可愛くて愉快なワライカワセミは、オーストラリアのマスコット的存在です。「楽しい森の住人」として愛され、2000年のシドニー・オリンピックのキャラクターにも採用されました。

 

特に夜明けと夕暮れ時に大合唱するため、「田舎者の時計」の異名も持つワライカワセミ。神話の中には「朝を知らせる鳥」として登場し、彼らが鳴くと太陽が昇る、という一説があります。昔から、その笑い声は原住民のアボリジニー達や白人入植者達にとっても、殺伐とした気持ちを和ませ、新鮮な一日の始まりを迎えることができるものとして親しまれていました。

出典 Youtube

うるさそうにも思えるワライカワセミは、愉快な笑い声で人々の心をハッピーにしてくれる、愛され鳥でした。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事