Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 奇怪な求愛行動でメスの心を掴め!“キジオライチョウ”の婚活パーティー事情

奇怪な求愛行動でメスの心を掴め!“キジオライチョウ”の婚活パーティー事情

132viewmayu2017/07/19

奇怪な求愛行動でメスの心を掴め!“キジオライチョウ”の婚活パーティー事情

北アメリカ中西部に分布する『キジオライチョウ』は、草原に生息し、ヨモギなどが生い茂る藪を好んで暮らしています。雑食性で、ヨモギの葉や芽、昆虫類などを食べています。

全長はオスが約80cm、メスは約55cmで、雌雄の姿形がかなり違います。

キジオライチョウは、繁殖期になると、数百羽ものオスが一か所に集まり、婚活大パーティーが開催されます。しかし、すべてのオスがメスとつがいになれる訳ではありません。むしろ、モテるオスはごく僅かで、他のオスたちはその引き立て役。それでも、彼らが住む環境には開けた場所が限られていて、メスに見つけてもらうのに都合がよい場所はあまりありません。また、オスが集まる事自体が、メスたちを引き寄せる効果を生むので、モテないオスたちも婚活パーティーに参加せざるを得ないのです。

奇怪な求愛行動

出典 Youtube

たくさん集まったライバルたちの中で、少しでもメスの目に留まるため、必死なオスは大変奇怪な行動をとることで知られています。胸の空気袋をはち切れんばかりにぷっくりと膨らませ、尾根を広げてアピールするのです。さらに、このとき「ポコポコ、ポコポコ」と実に不思議な音を鳴らしながら歩きます。

キジオライチョウの世界の婚活は完全に女性優位。オスたちはメスが振り向いてくれるのを、文字通り期待に“胸を膨らませ”ながら、アピール合戦に一生懸命です。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事