Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 佐藤二朗の息子が相変わらず面白い!「だとしてもダメだ!」

佐藤二朗の息子が相変わらず面白い!「だとしてもダメだ!」

88viewvario2017/08/02

佐藤二朗の息子が相変わらず面白い!「だとしてもダメだ!」

誰にでも「言い間違い」というものがあり、それは大人になっても変わらないもの(むしろ増える可能性すらあります)。基本的に言い間違いが恥ずかしくない時なんてありませんが、特に子どものお説教中に間違えたりすると、余計にきまりの悪い思いをしてしまうものです。

しかし、俳優「佐藤二朗」さんのお宅では、「例の息子さん」の天然ぶりのおかげで、そんな言い間違いもナナメ上の方向へ転じてしまうのだとか。

佐藤さんの息子といえば、以前「昭和=恐竜が住む時代」と勘違いしていたことで話題を呼びましたが、今回の「言い間違い事件」でもかなりユニークな反応を見せてくれています。

それでは、その時の様子を佐藤さんのツイートで確認してみましょう!

お母さんが「宿題やらないとオヤツ食べさせないよ」と言おうとして「宿題食べないとオヤツあげないよ」と言い間違えてしまったところ、本当に宿題用の教材を食べちゃったみたいです(笑)。

本来であれば言い間違いをツッコまなきゃならないのに、言いつけ通りに紙を食べちゃう息子さんに、佐藤さんもタジタジ。「だとしてもダメだ」というツッコミがやっとのようでした(笑)。

今後も佐藤さんの息子さんの言動には、目が離せませんね!

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事