Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > しっぽも頭も 甲羅に入りきらない!のろまじゃ生き残れない“オオアタマガメ”

しっぽも頭も 甲羅に入りきらない!のろまじゃ生き残れない“オオアタマガメ”

56viewmayu2017/10/20

しっぽも頭も 甲羅に入りきらない!のろまじゃ生き残れない“オオアタマガメ”

危険が迫ると、甲羅の中に顔や手足をすっぽり収めて身を守るカメさんですが、身を守りたくても守れない、かわいそうな種類のカメがいます。その名も『オオアタマガメ』。名前の通り“頭でっかち”が特徴です。この大きな頭のおかげで、甲羅に身を隠すことができません。その代わりなのか、頭は、ヘルメットをかぶっているかのように、大きな1枚のウロコで覆われています。

山地の渓流や池、水田などでも見つかることがあるオオアタマガメは、深い水場や速い流れは好まず、流れのゆるやかな細い沢で生活しています。肉食で、甲殻類や魚、昆虫など様々なものを食べます。本来身を守ってくれる甲羅に頼れない分、運動神経は抜群。長すぎて頭同様甲羅に収まらないしっぽを持ちますが、その長い尻尾や鋭い爪を使って木に登り、枝からぶら下がることだってお手のもの。水棲のカメですが、泳ぐよりも水底を歩くことが多く、足腰が強いので、陸上を分速8メートルの速さで走ることもあります。甲羅も軽いため、動きは素早く、あまりカメらしさはありません。しかし、このぐらいたくましくないと、オオアタマガメが生き残っていくのは難しいのかもしれません。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事