Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 奇想天外!“フキナガシフウチョウ”が頭の【アンテナ】ビンビンで必殺求愛ダンス

奇想天外!“フキナガシフウチョウ”が頭の【アンテナ】ビンビンで必殺求愛ダンス

82viewmayu2018/01/22

奇想天外!“フキナガシフウチョウ”が頭の【アンテナ】ビンビンで必殺求愛ダンス

黒い背中と黄色いお腹、一見どこにでもいそうな鳥のようですが、その『フキナガシフウチョウ』のへんてこぶりは、オスの頭部をよく見てみるとわかります。頭の後ろのほうから、体長よりも長~い、エナメルブルー色の飾り羽がついているのです。まるで頭から長いアンテナが生えているかのよう。体長20cmほどのフキナガシフウチョウに対し、このアンテナは50cmもあるというからびっくりです。あまりにも奇妙な姿から、ヨーロッパに最初の標本が持ち込まれた時には、作り物ではないかと疑われてしまったほどです。

パプアニューギニア、ニューギニア、インドネシアに生息するフキナガシフウチョウ。現地パプアニューギニアでは、部族の人々が、儀式のときに飾り羽を鼻に着けることもありますが、現在は絶滅危惧種にも指定されている希少な生き物なので、この行為はちょっと問題視されている側面もあります。オスは縄張りをもち、高い木の頂点に止まって縄張りを警戒し、アンテナをビンビンに立てるように飾り羽を動かしながら、近くのオスたちに向けて縄張りを主張するためにさえずります。また、求愛のときにも、飾り羽を特殊な筋肉を使って大きく揺らせて見せることでメスを魅了します。フキナガシフウチョウたちにとって、ヘンテコっぷりは、いい男っぷりに比例しているのかもしれません。

出典 Youtube

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事