Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > アメリカの独特すぎる法律は動物にも適用する!“サル”が喫煙して逮捕、有罪判決に!

アメリカの独特すぎる法律は動物にも適用する!“サル”が喫煙して逮捕、有罪判決に!

193viewmayu2018/02/15

アメリカの独特すぎる法律は動物にも適用する!“サル”が喫煙して逮捕、有罪判決に!

州によって法律が異なるアメリカでは、地域ごとにさまざまな決まりがあります。マサチューセッツ州では、魔女になることが禁止されていて、ノースカロライナ州においてオンチな人は、公共の場で歌ってはいけないとされています。中には思いも寄らぬ極刑を下される法律を持つ州もあり、ミズーリ州のセントルイスでは、教会でのおならが禁止されていて、違反者はなんと終身刑になります。

 

こうした法律の対象者は、人間だけにとどまらず、生き物にもあらゆる禁止事項があります。イリノイ州のカークランドでは、条例でミツバチが上空を飛ぶことを禁止しており、ジョージア州のクイットマンではニワトリが道路を横断することが禁止されています。マサチューセッツでは、どんな車であれゴリラを後部座席に乗せてはいけません。アイダホ州のボイシではキリンの背中に乗って釣りをしてはいけません。

出典 らばQ

インディアナ州ではかつて、本当に動物が逮捕されてしまった例もあります。1924年当時、この州では喫煙が厳しく取り締まられており、州の法律で喫煙は禁止されていました。たとえ、それが“サル”であったとしても、取り締まりの手は緩みません。実際に煙草を吸ったとして、逮捕されたサルもいるのです。このサルは有罪判決を受け、2500円の罰金を払うよう命じられたそうです。なんだか笑ってしまうような法律の数々ですが、気をつけて。ニューヨークでは、公共の建物の入口から30m以内の場所で笑顔を見せてはいけないことになっていて、つい笑っちゃったあなたも捕まってしまうかもしれません…!

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事