Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 「いってらっしゃい」と見送られるのは嬉しいはずなのに…猫にされると不安になる?

「いってらっしゃい」と見送られるのは嬉しいはずなのに…猫にされると不安になる?

161viewvario2018/04/16

「いってらっしゃい」と見送られるのは嬉しいはずなのに…猫にされると不安になる?

犬と猫との暮らしを楽しく教えてくれる漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さん。今回のテーマは「犬と猫のお見送りの違い」について。朝学校や仕事へ出発するとき、家族に「いってらっしゃい」と見送られると、それだけで気分が良くなるものです。

松本先生のお宅では、どのような朝の光景が見られるのでしょうか?

犬の場合、飼い主さんを起こしてまで、家族で一緒にお見送りをすることを日課としているようです。徹夜明けで無理やり起こされるのは辛いものの、愛する家族にいってらっしゃいといってもらえると、それだけで頑張れるもの。犬の健気な様子から、そんなことを学んだ松本先生でした。

もちろん猫は起きてこないけれど・・・(笑)。が、しかし、ときに猫が何の気まぐれ化見送りをしてくれることも。しかしそれはそれで、ある不安を抱いてしまうようなのです。

普段見送りをしてくれないだけに、見送りをされると逆に不吉な予感がしてしまうようです(笑)。一種の虫の知らせのようなものでしょうか。たしかに普段は来てくれない人が突然顔を出すと、なにか特別なことが送るような気がしてしまいますよね。

とはいえ、その特別は「良い特別」かもしれません。そう信じて、ねこの見送りを有難く思うしかありませんね(笑)。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事