Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 柔軟性は大事だけれど…柔軟すぎる先生の解答にかえって困惑しちゃったお母さん(笑)

柔軟性は大事だけれど…柔軟すぎる先生の解答にかえって困惑しちゃったお母さん(笑)

26viewvario2018/07/14

柔軟性は大事だけれど…柔軟すぎる先生の解答にかえって困惑しちゃったお母さん(笑)

小学校の勉強では、たびたび教師の「頭の固さ」が露呈され、ネット上で疑問の声が挙がることも多々あります。教育上必要なプロセスがあるとはいえ、あまりに凝り固まった考えに、かえって子どものやる気をそいでしまうという意見も。

しかし先日、高川朋子(@darkmatter_tomo)さんの目にした答案は、逆に「柔軟すぎない?」と疑ってしまうものでした。

それは小学校1年生になる息子さんの算数の答案のようですが、一体どのような答えだったのでしょうか?

問題文となる「イラスト」をよ~く見てみると・・・息子さん・・・勝手に登場する動物を増やしています(笑)。しかし、動物を増やしはいますが、増やした動物を含んだ計算をしており、しかも計算結果は間違っていません。

これは、先生としても悩みどころですね(笑)。

確かに動物を増やしているのは問題ですが、計算を正しくできているか、という試験と考えれば、間違っていない=正解であると考えられます。

今回はギリギリセーフということでよろしいのではないでしょうか?逆に、個人的にはどうして動物を増やしたのか、ということの方が気になっちゃいますね。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事