Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 普段何にも動じない娘が お化けのふりをした先生に号泣…その理由がけっこうシビア(笑)

普段何にも動じない娘が お化けのふりをした先生に号泣…その理由がけっこうシビア(笑)

27viewvario2018/08/18

普段何にも動じない娘が お化けのふりをした先生に号泣…その理由がけっこうシビア(笑)

3歳でありながら、恐いもの知らずだといういなむら(@inmr_mam)さんの娘さん。普段は何事にも動じないそんな娘さんが、ある日保育園で号泣してしまったといいます。

その理由は、保育園の先生が「お化けのふり」をしたから。心配になった先生は、娘さんはお化けが苦手なのかと、お母さんに質問しました。するとお母さんから、衝撃の事実を知らされたのです。

「オバケはむしろ好きなんですけど、その、気が狂った大人…じゃなくて、えっと、やばい人間が怖いみたいで…」

怖いのはお化けじゃなくて、先生自身だったみたいです(笑)。確かに、いわれてみれば「気の狂った大人」は、ある意味お化けよりずっと恐いかもしれませんね・・・。

果たして先生はどんなお化けを演じたのか・・・やや気になるところではあります。皆様も迫真すぎる演技をする際には、どうぞご注意ください。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事