Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > アマゾンに新種の禿げたインコ現る!“ハゲインコ”はなぜ禿げているの?

アマゾンに新種の禿げたインコ現る!“ハゲインコ”はなぜ禿げているの?

111viewmayu2018/09/14

アマゾンに新種の禿げたインコ現る!“ハゲインコ”はなぜ禿げているの?

「ハゲタカ」に「ハゲワシ」といった猛禽類には、ちゃんと彼らなりの“ハゲた”理由があります。どちらも動物の死肉をあさって食べているため、食事のときに、頭の羽毛に血がこびりつき、不衛生になってしまわないよう、つるっとした頭で清潔さを保っているのです。ところで、最近になってアマゾンで発見された『ハゲインコ』という種類の鳥もいます。ハゲタカのような体つきですが、黄緑色をベースとした体色にオレンジ色の頭とカラフルな色合いはどう見てもインコの仲間。そのため、いくら名前に“ハゲ”とついていても、ハゲタカなどとは違い、肉食ではなくフルーツなどを食べて生きています。

アマゾンで新種のハゲインコが発見されたと報じられたのは2002年と最近のことです。ブラジルのアマゾン熱帯雨林の中でも、マデイラ川下流域とタパジョース川上流域の2カ所でしか確認されていません。その希少性のために、見つかってから15年あまりたった今でもまだ詳しい生態がわかっておらず、草食性なのに禿げている理由もはっきりとはわかっていません。ただ、ハゲインコの棲むアマゾンの熱帯林には、脂肪たっぷりの大きな実がぶら下がっているので、これに頭を突っ込んで心ゆくまで食べるには、ハゲている方がやはり、衛生面で役に立っているのではないかと考えられています。

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事