Vario(ヴァリオ) あなたの心をくすぐるメディア。

Vario(ヴァリオ) > おもしろ・爆笑 > 犬と猫の「下事情」の違い 普段失敗しない子ほど 失敗した時の衝撃は大きい?

犬と猫の「下事情」の違い 普段失敗しない子ほど 失敗した時の衝撃は大きい?

53viewvario2018/10/14

犬と猫の「下事情」の違い 普段失敗しない子ほど 失敗した時の衝撃は大きい?

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』第1弾が大好評発売中の松本ひで吉(@hidekiccan)先生。そして10月12日には第2弾の発売が決定しました!

松本先生のTwitterでは天使級に可愛い犬と、ツンデレ猫様の癒しの日常を描いた漫画が日々投稿されています。

そして今回のテーマは、「下事情」。犬も猫も当然ウンチをしますが、ウンチがうまくできるかどうか、それは犬と猫とで違うようですし、個体差も結構あるようです。

とりあえず、天使の犬くんの場合を見てみましょう。

先代の犬たちと比べて、若干ウンチの場所にルーズな犬くん。それでも自信満々なところが可愛くて仕方ありませんね♡

さて、猫様の方はどうでしょうか?

基本的におトイレについてはしっかりしている猫様。しかし、時々失敗してしまうことも・・・。そして失敗した時の子のショックの受けよう・・・。

日頃優秀な子ほど、失敗した時の反動は大きいのかもしれませんね。

さて、前述のように『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』の第2弾の発売が決定しました!予約受付も開始したので、発売日に購入したい方はぜひご利用ください。

また、第1巻をまだご購入されていない方は、ぜひこの機会にお手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

カテゴリー

アクセスランキング

  • 今日
  • 今週
  • 今月
  • 累計

キーワード

カテゴリ別新着記事